地区コーディネーター活動報告 一覧をみる

地区GMTセミナー(会員増強・退会者防止)地区GMTコーディネーター髙田信吾

2021.12.06

今期前半、ガバナー諮問委員会、ゾーンレベル会員委員会で、GATの中のGMT(会員増強・退会者防止)セミナーを7回行いました。会員数が激減する中、会員数を増やす事、退会者を防止することは、今一番深刻な問題であり、緊急課題となっております。我々の地区はこの5年でクラブが13,会員数は400名減少しました。昨年に関しては、277名の退会者が出ましたが、そのうち6月に120名の退会者が出たため一気にマイナスに転じました。12月は退会者が6月の次に増えますのでどうなるのか心配しておりますが、コロナウイルスも終息傾向にあり、社会も明るい兆しの中、会員数は春にかけて伸びていくように感じます。

①会員増強を何故しなければならないのか? ②何故退会者が後を絶たないのか? この2つの本質的な答えを見つけて、対策に繋げていかなければ、根本解決に繋がりません。そこでクラブ内にGAT会議の実施、ライオンズの理念の浸透、ライオンズのイメージの再形成の3つを軸に、会員増強、退会者防止の成功事例や、私がおすすめする事をお伝えしております。

退会者防止に関しては入会5年以内の方の退会率が約50%のため、特に新会員の方を孤立させない事や研修会を増やし、次世代のリーダーの育成も重要だと思います。

会員増強に関してはライオンズのイメージを高めていく事とセットで考える必要があると思います。そのためには地域社会や特に若い世代が共感するアクティビティを増やしていく事が鍵だと思います。特にSDGSsというキーワードは若い世代には響くと考えます。幸いにもライオンズの事業にはSDGsが掲げる項目が沢山ありますのでそれを意図して打ち出していく事は有効と考えます。

それと同時に多様性の時代の中、会員の在り方も色々あってもいいのではないでしょうか。支部に関しては否定的なとらえ方が多いですが、数合わせという発想ではなく、クラブの活性化や若い会員獲得に繋がれば非常に意味があると思います。是非ともクラブ支部にも関心を寄せて頂きたいと思います。

 
 
 
 
ライオンズリンク
ライオン・アカウント
ログインページ